<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

まつど祭り

今日、ついに! カラオケ番組ミニコーナーの集大成、
まつど祭りの「しろうとのど自慢大会」に出場してきました。

さすが、決勝大会、プロ並みに上手い方ばかり、お客さんも唄好きのかたたちで、歩道橋までうめつくされるくらいの盛況ぶり。

予選ではお振り袖着て、極度の緊張の中うたったわたしですが、
今日はなんといってもお祭り。お祭り人間のわたしとしては、楽しんでうたおう!と、衣装チェンジ。
「あんこ椿は恋の花」は伊豆大島の歌。「あんこ」とは、「あねっこさん」という意味で、島の椿産業とかに従事してるあねっこさんが、恋しい都から来たひとへのせつない女ごころをうたった曲。

なので、今日はあねっこさんの格好☆そして間奏で衣装脱いで、ハッピの祭り姿に早替えしてしまった!

唄好きの地元市民の方でうめつくされた会場なので、「おもいっきり唄っちゃいました♪」というこの地域の番組の知名度がものすごい。
歩くたびに「あら、こずえちゃーん!がんばってねえ!」とか「写真一緒に撮ってね♪(パシャ)」はては写メで隠し撮りしてる方まで。。ひえー!言ってくだされば撮りますってば!ひやー、にわか有名人気分だわーー(><)

でも、一番嬉しかったのは、「うちのおじいちゃんがこずえちゃんのファンで、夕食のとき毎日うた番組観てるのよーっ!あら写真喜ぶわあ!!」て言ってくださったご家族。
お孫さんが色紙を調達してきて、サインもください、て。
おじいちゃんご夫婦の名前を書いて、なんだか頭まっしろになっちゃった。

だって、ひとりのおじいちゃんの毎日のたのしみに、「うた番組」と、「こずえちゃんファン」が入ってる、なんて!!!!
ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに嬉しいことです。

b0095415_1135475.jpg決勝大会には、予選の上位者の他に、わたしのパフォーマンス賞のように、「ユニーク賞」をとった88歳のおばあちゃんも出場してた。
控え室でおすわりになってらして、ニコニコしてる。みなさん素敵なドレスとか着て、そわそわしてる中でゆったり座ってらっしゃるので緊張なんてしてないと思ってお話したら、
「胸がドキドキして仕方ない」、としきりにいうの。
えー!おばあちゃんそんな風にみえなかったよーっ て言ったら 「88にもなって皆の前で唄うなんて、恥ずかしいわ」とか。
いやいや、88歳でこんなに元気なおばあちゃんをみたらみんな嬉しい。お祭りだから楽しんで、みんなに元気にさせてあげて。わたしもおばあちゃんみたいな88歳になりたい。パフォーマンス賞とユニーク賞同士、がんばりましょう!と手をとりあう。
このおばあちゃん、付き添いの娘さんに手をとられながら、おおきな字で書いたカンペ画用紙をお孫さんに出してもらい、マイクを握る。唄は「おんなの酒」。
これがねー、ほんっとにのびのある力強い声で、しっかり熱唱するの。感激。

b0095415_1142422.jpg

そんなこんなで、盛況の「しろうとのど自慢大会」 わたしは商工会議所賞をいただき(恐縮)、おばあちゃまも賞をとり、
そして上位入賞者3位までの方は来年の伍代夏子さんのコンサートの前座が決定。すごー!

大変だったけれど、こんなに多くの方に触れ合えたのは良い経験になった。
観て下さった方、応援してくださった方、本当に、ほんとうにありがとうございました。
[PR]
by nina077 | 2006-10-08 22:30 | 映。 | Comments(1)

ミュージシャン

今日は吉祥寺シアターで10・quatreの殺陣公演「雪月花」を観たあと(ショーGEKIメンバー内堀さん主宰の殺陣集団。メンバー5人が出演。久々に殺陣を観させていただき楽しかったー!)、
今年のささらほうさら野毛金粉ショーでご一緒した楽隊メンバーバッキーにしやんまさ永田雅代さんのライヴに行ってきた。
野毛でのちんどんや風とはうってかわり、
ジャズのフリーセッション。お店も白で統一された内装の、きちんとしたイタリアン総菜出すお店だった。プロシュートがつまさきつきで原型でおいてある。


おんがく家って、素晴しい。
あのひとたちは、楽器でしゃべれる。
言葉で会話して、限界があるところの、
その外側を音にして語り合う。ぶつけあう。融けあう。
五感がばーー、て開いて、でもそれは脳を通って言葉にするととたん限界が作れちゃうのだが、
そのトランスミッションなしで音楽にして空間を埋めてしまう感じ。
だから、楽器が使える、というより、楽器ともちろん一体化してるのね。

DJしてるお友達も言ってたが、
今日にしやんも、「でもお客さんと一緒に作っていくから」て。

そうそう、ミュージシャンって、耳が良いからモノマネとかもうまいけど(笑)、人のバイブレーションをとても感じやすいね。だから優しい。

でもさ、楽器で語れる彼らは、ひとより言葉で語れないから楽器に託すのかなあ、と思うといえいえ、音楽やってるひとって言語のボキャブラリー多いっていうか、ちゃんと繊細に正確な言葉に変えるの上手な人多い気がする。
じゃあなんで楽器を手に取ったんだろう・・と想像する、
と、
あ、そっか、言葉にしたって、想いがどんどんあふれ出してくるから音楽をつくるのか。

それは踊るひとなんかもそうなのでしょう。
描くひとなんかもそうなんでしょう。

では役者は・・どうなんでしょう
[PR]
by nina077 | 2006-10-06 01:00 | 友。 | Comments(2)

おかねもちになりたい♪。

良い観劇したり素敵なライヴ聴いたり美味しいお酒飲むと、
おかねがいっぱいほしくなる。

もっともっと聴きたくなるし、観たくなるし、
ああ、今夜素敵なジャズ聴いたのならそのあとは美味しいお酒で夜中を過ごし、
ヨーロッパで観たい展示があれば明日から行きましょう、
あ、今旬なものはなに?それ食べに富山に行こうか、
今日はなんだかお友達が揃ったわ、え?帰れない?じゃあホテルの部屋を借り切ってワインを開けよう、
オペラも観たい、バレエも観たい、歌舞伎も、
そしてひとと楽しい時間を過ごしたい。
そしてひとの営みをみていたい。
もっと、もっと。
ってなね。

多分、あー、人生って素晴しい!まだいっぱい観るべきもがあるわと感じてもっともっと、てなっちゃうの。よくばりなんです。
[PR]
by nina077 | 2006-10-06 00:00 | 泡。 | Comments(0)